「おい、本業はどうした?」なんて言われそうですが、先日友人から依頼があり、

youtube先生に教わった技術を駆使して作った「ウエストポーチ」です。

サイズ感を確認後、まずは下絵。

ただ、この時点で後の全てが決まるので、

実はここが一番大事な工程です。

これは、内装工事でもおんなじですね。

ここがしっかりしてないと、大変な事になります。

そして材料切出しして


 

 

 

 

 

 

スーベルカッターで柄縁取り

 

染色開始した時点ですが、全パーツです。

箱前後ろ、蓋表裏、マチ、小物入れ前とマチ、ベルト類

これ、まだ染め入れをしてコーティングから

エイジングワックスまで行きます。

この時点で材が1枚の部分はそこのみコバ磨き必要です。

あとでやってもきれいにならない。

 

 

 

ワックスをかけて

コンチョやらポイントの飾りカシメを

取り付けて、小物入れから縫い。

一番難しいと思っているマチを

必死で縫い付けていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マチ部分が最後の組立です。

ベルトやらは先に箱裏面の材に

縫っておかないと、

後では縫えなくなってしまいます。

箱口の部分は、

必ず最低2回糸を巻きます。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


縫い合わせた部分のコバをツルピカになるまで必死で磨いて完成です。

最初の頃から思い出したら、よくぞここまで出来る様になったもんだと。

人間、やれば出来るもんなんだなとつくづく思う今日この頃な、内田でした。

 


外壁工事・内装工事・造り付け家具は金沢市の(株)インテリア縁
〒921-8132 石川県金沢市しじま台二丁目10-11
TEL:076-259-6428 FAX:076-259-6429